ビジネスでの活用

どんなビジネスも私たちの社会があって、成り立っていいますが、私たちの社会は、自然界の中にあります。従って、自然界のルールを踏まえた上で、ビジネスを営むことで、よりスムーズに会社の経営が出来るのです。自然界は、私たち人間の心の成長を評価しており、ビジネスにおいても利他的な思いを育てる事が重要となります。従って、利己的な思いでただ「稼ぎたい」「儲けたい」という動機のみで会社を経営しても、なかなか上手く経営できないでしょう。逆に社会に貢献する事を目的に経営する事で、より良き「縁」を掴むことが出来ます。ここでは、ビジネスで活用できる、自然界のルールを踏まえた考え方を紹介させて頂きます。

1,私たちの社会は、助け合いで成り立っています。

2,会社には、企業理念が必要不可欠です。

3,具体的にイメージ出来ない事業は、実現する事はありません。

4,「ダメ出し」するのではなく、学習する姿勢がチームを強くします。

5,相手に言葉を届けるには、その相手の幸せを願う心が必要です。

6,人が集団になれば、必ず足を引っ張る人が現れます。

7,「利他的な思い」を増やせば、どんなスタッフも成長できます。

8,新たな経験をする事で、目前の現実は好転して行きます。

9,人現関係が上手くいかない時は、自分を高める絶好のチャンスです。

10,良い人材を集めるには、自分を磨く必要があります。

11,会社経営は、常に理念に沿った判断が必要です。

12,心理学や統計学どおりに結果が出ないのは、自然界のルールが原因です。

13,意見が異なって平行線の時は、「寄り添う心」が必要です。

14,「利他的」な心持ちで過ごしていると、物事を判断する視野が広くなり続けます。

15,「利他的」思考でいる習慣をつけると、仕事が楽しくなり売上がアップします。

16,常に最善の選択が出来る人など、どこにも存在していません。

17,「自分の思い通りにしたい」という思いが強すぎると、部下が育たなくなります。

18,人は「成長」すると「幸せ」を感じるように創られています。

19,上司は、部下から「尊敬」される人である必要があります。

20,「どうしたらいいのか解らない?」のは「情報」と「経験」が足らないからです。